ブラックリストに載ったら…

質問

クレジットカードでキャッシングすることが増えて、何枚かカードを持っていますが、最近新しいカードの審査に落ちてしまいました。これってブラックリスト入りしているのでしょうか。もうローンも組めないのでしょうか?

答え

クレジットカード会社が参考にするブラックリスト


多くのクレジットカード会社では、顧客の借入情報をまとめて管理するシステム「個人信用情報機関」に登録しています。
これは、カード会社の顧客の住所や氏名など基本情報のほかにも、借入状況、支払状況などが登録されています。支払いを延滞していたり、延滞したことがある事実など、他のカード会社で調べてもすぐに分ってしまいます。だから、新たにカードを作るときに延滞したことのある人に対しては、限度額を低めに設定したり、審査を厳しくしたりしています。
このようなマイナスの情報を登録されることを「ブラックリスト」と言います。

延滞や多重債務の情報は悪徳業者に


このような管理する代表的な会社は「株式会社シー・アイ・シー」や「株式会社シーシービー」、「株式会社テラネット」など複数あります。
ブラックリストには、契約期間中ずっと登録され、カードを解約しても5年間は情報が残ります。債務整理を弁護士に依頼した場合にも、その事実が載ります。
このようにブラックリストに載ってしまうと、お金も借りにくくなります。
今すでに借金を抱えている多重債務者は、一般的な消費者金融からも借りられなくなりますから、悪徳業者につけいられる可能性があります。悪徳業者は最初こそ優しい言葉で近づくかもしれません。
けれど、それは多重債務者から高額の手数料をだまし取るための手口です。悪徳業者にだまされ、これ以上借金を増やさないよう、自己解決できない場合は専門家に相談することをお勧めします。

フィード