借金の整理の手続きを知られないようにできますか?

質問

お恥ずかしながら借金がいくつかあります。まあ、いわゆる多重債務者でして。ちょっと一人では解決できそうにないので、このたび債務整理をしようと思っています。しかし、手続きしていることが会社に知られると困るのですが…。

答え

債務整理の手続きを会社に知られたくない人、多いのではないでしょうか。これは、会社から借り入れしているかどうかでも違ってきます。まず、ここでは最初に債務整理について説明しましょう。

債務整理の方法には「自己破産」などがある


債務整理とは、借金を整理することです。「自己破産」と「任意整理」、「個人民事再生」と3種類あります。自分の借金の状況によって行う方法は違います。
「自己破産」は法律で借金のすべてが免責されます。
それに対して「任意整理」は、利息制限法まで下げた利息にして、原則3年間で完済させる方法です。裁判所に申し立てすることなく、弁護士などが私的に債権者と話し合って、借金を減額や返済期間などを決めてくれます。
「個人民事再生」は、収入に応じて支払うことのできる返済計画を立て、裁判所が認めたその計画の通りに3年間返済できれば残りの借金がなくなるというものです。元の借金総額よりも大幅に減額されます。また、マイホームなどがある場合には、家を処分しなくてもすみます。

任意整理で会社に知られずに債務整理


会社から借り入れをしている場合、民事再生や自己破産ではすべての債権者が対象となりますから、会社にも知られてしまうでしょう。
任意整理は一部の債権者を外して手続きできますので、会社の借り入れ以外を整理すれば、会社に知られずに行うことができます。会社から借りていない場合には、任意整理は弁護士が進めてくれるので会社に知られずに行えます。
しかし、民事再生と自己破産の手続きにおいては、もらえる退職金の証明書が必要なので、交付の際知られてしまうかもしれません。
また、自己破産をすると、一定の期間、一定の職業に就くことのできない資格制限がありますので、それに当てはまる職業の人は注意してください。

フィード